FC2ブログ
 

徒然あまのじゃく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み終わりました。

20061212111832.jpg


勢いで「読書」というカテゴリーを設けてしまったが、
今後が心配な今日この頃・・・。

ダヴィンチコード↑↑。とにかく、読み終わりました。全600P位。
1ヶ月かかったけど予想していたよりは早く読めました。

美術用語?( ´_ゝ`)フーン 雰囲気で通過。

宗教用語?(゚Д゚)ハァ? 雰囲気で通過。

固有名詞?凹○コテッ 雰囲気で通過。

分からない英単語?(`A')キャァァァァ 現実逃避で通過。

という感じで、ペキカン(完璧)に読破。

英本読書は勢いが大事です。
最初の10ページが勝負。
そこまでで惹きこまれるかどうかが分かれ目。

ちなみに、惹きこまれたのは、ハリーポッターシリーズ。
惹きこまれ損ねたのが、ロード・オブ・ザ・リング。
前置きが長すぎるんだもん

内容感想については、続きをどうぞ・・・。

全体的には、同時進行で起こっている様々な場面を
スピーディーに描いていて、思ったよりも読み易い構成になっています。

専門用語や固有名詞が多いので、人によっては分かりづらいかも。
美術、宗教、歴史、イコノロジー(図像解釈学というらしい)といった分野の単語が結構出てくるので。
ちなみに私のバックボーンは、
美術:ギャラリーフェイク(漫画)
宗教・歴史:井沢元彦氏の本
イコノロジー:('A`)


物語とは関係無いのですが、印象に残ったフレーズが1つ。

歴史は常に勝者によって書き換えられる

本文中の文面とは違いますが、こういうニュアンスのフレーズでした。

今の世の中の正義は、歴史の勝者が築き上げてきた正義なのですね。
いや、それが良いとか悪いではなくて、世の常を考えさせられるフレーズでした。

次回の読書は未定です(「・ω・)「ガオー

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

りょう君が読んでたこの本って英文の本だったのね。Σ(゜Д゜;)スゲー
どちらにせようちにはまだまだ理解不能のご様子。。
とりあえず…(「・ω・)「ガオー
あ、言ってみたかっただけ。゜。(´Д`*)

うち。 | URL | 2006年12月14日(Thu)00:06 [EDIT]


>うち。さん
えっへん、そうだったんですよ。
理解不能かどうかは試してみないとね☆

りょう | URL | 2006年12月14日(Thu)20:23 [EDIT]


遊びに来ました

英語版スゲー(゚Д゚)ー
高校の時の英語の偏差値が29だった俺には考えられません。

tsu | URL | 2006年12月15日(Fri)08:43 [EDIT]


>tsuさん
コメント有難うございます。

あとで調べていくと、正確に意味の分かっていない
単語があまりにも多く、調べるのを諦めたくらいです。

雰囲気で読破、という感じです。

りょう | URL | 2006年12月15日(Fri)10:15 [EDIT]


私はダヴィンチコードを日本語版で読んだのですが、英語で読むりょうさんをかなり尊敬します!
うらやましいです!!

歴史は常に勝者によって書き換えられる  これって本当ですよね・・・あとから明らかになったりはしますが、当時、力があったものによっていじられてることには変わりがない・・・う~ん。奥が深いです。

ユウガスミ | URL | 2006年12月15日(Fri)21:46 [EDIT]


リンク貼ってくださってありがとうございます。
あんなのを貼ってくださるなんて嬉しいです。
私のブログにも、りょうさんのブログを貼りたいのですが、よろしいでしょうか?

ユウガスミ | URL | 2006年12月15日(Fri)21:48 [EDIT]


>ユウガスミさん
こんなブログで良ければ、貼ってやって下さい。

尊敬だなんて…、てへっ。

りょう | URL | 2006年12月15日(Fri)22:03 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。